« え、マジで!?デリヘル嬢が本番をするのはこんな理由だった! | Home | ぽっちゃり風俗店探しの正しい情報の集め方 »

2018年7月 6日

私が風俗を使う理由と風俗のジャンル別お勧めの楽しみ方

私が風俗を使う理由は、相手も商売である以上誰も傷付かないからです。

女の子をナンパして カラオケに行ったりご飯をご馳走したりしてお金を使ってもホテルに行き着けるのはほんの僅かだし、どうせご飯をご馳走したりしてお金と時間を使うのであれば 最初から風俗店に行けば安価で効率よく目的を達成することができます。

私が体験した風俗をジャンル別に教えます

実際に私が今迄体験してきた風俗のお勧めポイントなどをジャンル別に詳しくお教えします。

ストリップは抜きがない

実は私の初風俗体験は大学生の時に先輩に連れて行ってもらったストリップです。

当時はバブル絶頂期で大学生でもお金を持っていたので、よくご馳走になったものです。

メインはAV女優さんがご開帳していて、ステージ際まで行くと触ったり、棒を出し入れできた。その頃はまだ童貞でそんな度胸はなく遠目でお姉さんを眺めてるだけでも楽しかったものです。

プロのダンサーさんが裸でダンスを見せてくれたり、AV嬢が来たり、SMの緊縛ショーがあるけども結局の所自分で処理しなくてはいけない。

毎日のおかずのバリエーションを増やすにはいいのかも

童貞卒業ならソープランド

ソープで童貞卒業。緊張と興奮でちん○がガチンガチンに勃起して、触ってもハメても何も感じなくなってしまった。

騎上位や口で泡姫が頑張ってくれたけど、何も感じず時間内で発射することがなく不発のままに終了。

当時の風営法でOKだったのかどうかわからないけど自分よりも5つぐらい年下の細身で可愛い泡姫でした。

店によって入浴料とサービス料が別に掲載されていたり注意が必要。

延長をしないと抜いてもらえない?ピンサロ

お店の方針なのだろうけど延長をしなければ抜いてもらえなかった。女の子に気に入ってもらえるといろんなテクニックを使ってもらえるし

プライベートなアドレスとかも教えてもらえた。個人的な誘いも色々受けたのだが都合がつかず結局行けずじまい。

最近はめっきり見かけなくなってしまった。

お店毎のバリエーションが豊富なファッショヘルス

店ごとにサービス内容やオプション料金が違いバリエーションが豊富。

雑誌やホームページを見て女の子を選んで予約するのもいいけれど、安心できるお店を見つけたら飛び込みで入ってお茶を引いている女の子に相手してもらうのが好き。顔なじみになってくると女の子の接し方がフレンドリーになってきて楽しい。

本番もある?デリバリーヘルス

基本はファッションヘルスなのだけど店舗がないので近くのホテルで女の子が来るのを待つか、待合場所から女の子と2人で近場のホテルにトコトコと歩いて向かう。

店に入るのを知人に見つかる心配はないけども、女の子と2人で歩いているのを見られる可能性アリ。お店によってはホテルに向かう道中も電波バイブとかで痴漢ごっこが楽しめる。

ヘルス同様、店ごとにオプションの値段も種類も違うのでお気に入りのお店を見つける楽しさもある。店員さんの監視が届かないせいか女の子側から個人的なサービスを提案される事も。

私のお勧めはデリヘル

デリバリーヘルスは安全そうな激安店を見つけたらアポ無しで入店してみること。

激安店だけに女の子の質にアタリ外れはあるのだけども たまにとんでも無く上玉がいたり、ガンガン個人交渉してくる子がいる。同じ残念な子を引いてしまうこともあるけれど、ガチャガチャを回すような感覚で どんな女の子が出てくるのか楽しみがある。

私からの風俗を楽しむ為のアドバイス

風俗情報誌やホームページをみてしっかり情報収集した上でお店に行きましょう。激安店の女の子の出勤シフトの情報は当てにならないので注意。

女の子の外見に期待を持ちすぎないこと。実際の女の子がどんな子なのか知りたければ店によっては女の子のブログなどで動画配信されているのでチェックしてみたらいい。

全く初めてで何も解らない時には、とりあえず歓楽街に大きく看板を出している有名店で楽しんでみるのがいいかも。

お店によって「指入れ禁止」などの細かいルールがあるのでルールを破らないように注意してくださいね。

それでは 楽しいナイトライフを楽しんでください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://chibapocharifuzoku.com/mt-tb.cgi/4

コメントする

この記事について

このページは、アムロが2018年7月 6日 19:22に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「え、マジで!?デリヘル嬢が本番をするのはこんな理由だった!」です。

次の記事は「ぽっちゃり風俗店探しの正しい情報の集め方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。